ページトップへ

ビジネス・セカンドオピニオン ITプロジェクトの実装

そのITプロジェクト、今のままで大丈夫ですか?

  • 進捗会議が修羅場と化してる
  • 予算内で終わらせたい
  • 本番稼働日を守りたい
  • 残業・休日出勤が多い
  • カスタマイズ(アドオン)要件を減らしたい
  • 体制上の要員が増えている

ITのライフサイクル

ITのライフサイクル

PMとPMOの違い

PMとPMO(プロジェクト・マネジメント・オフィス)は同じ意味なのか?

PMOは、プロジェクト・マネジメント・オフィスの略ですが、PMと同じ意味なのでしょうか?それとも異なる意味を持つのでしょうか?ここには3通りの解釈があると思われます。

① 同じ意味で言い方が異なるだけ

PMとPMOは同じ意味で言い方が異なるだけとの解釈

② PMOはPMの元で働くチーム要員

PMをプロジェクト・マネージャー(Project Manager)との意味でとらえれば、PMOはプロジェクト・マネージャーの元で働くチーム要員ととらえることができます。

③ 第三者評価としてのPMO

PMをプロジェクト・マネジメント(Project Management)ととらえると、PMOのプロジェクト・マネジメント・オフィスと全く異なる役割になる場合があります。

それは、PMはプロジェクト内の役割であることに対して、PMOは第三者評価機関として、経営層とプロジェクト現場とをつなぎ、経営層に対してもプロジェクトのリスクマネジメントを提供する機能となるものです。

第三者評価機関PMOの有効性

PMOを第三者評価機関ととらえるのと、プロジェクト内の体制にあるのとでは役割が異なります。

第三者評価機関であれば、利害にとらわれることなくプロジェクトリスクのタイムリーな察知・認識・報告ができ、有識者としての知見と経験を提供し、課題が生じれば適宜に経営層への報告・是正の役割を提供します。

PMの役割に加えてのPMOの役割

PMの役割

PMの役割は以下のようなものです。

  • 1.プロジェクト運営の事務局
  • 全体の会議体(ステアリングコミッティ、進捗会議等)の管理運営
  • 2.プロジェクトの基準、標準の策定
  • 開発プロセスの整備、レビュー開催局面整備、標準ドキュメントの策定、適用の促進
  • 3.各種指標の基準値作成、収集、評価
  • 進捗率、品質指標、各工程での指標のサマリーや整理、状況の把握と評価

PMOの役割

第三者評価機関であるPMOの役割は、上記の機能の他、以下のような役割を提供します。

  • 1.プロジェクトリスクの察知と是正
  • 経営層やプロジェクトマネージャーに進捗や品質に関するリスクの察知と是正へのアドバイス
  • 2.独自の知見による課題の対策案の提示
  • 課題発生時に、独自の知見に基づき課題の対策案の提示
  • 3.指標のサマリーや整理、状況の把握と評価

プライムベンダー(元請業者)および事業会社との関係

プライムベンダー(元請業者)および事業会社との関係

各種知見の提供

プロジェクト経験とそれに基づくノウハウの提供

これまで経験したプロジェクトから以下の独自の知見をご提供いたします。

  • 1.課題発生時の対策
  • 2.プロジェクト経験に基づく各種チェックリストに基づくレビュー
  • 要件定義チェックリスト、プロジェクト進捗チェックリスト
  • 3.各種成果物
  • 作業計画書、課題管理表、進捗会議レポート、月次報告資料

公開資料を基にする品質管理

経済産業省、情報処理推進機構などの公的機関の公表物に基づく品質管理

  • 1.ITプロジェクトトラブル事例集
  • 2.「情報システムの信頼性向上のための取引慣行・契約に関する研究会」作成の各種資料
  • 3.情報処理推進機構(IPA) 技術本部 ソフトウェア高信頼化センター(SEC)
    • ・ITプロジェクトの見える化
    • ・共通フレーム
    • ・定量的品質予測のススメ

ビジネス・セカンドオピニオンを実施する流れ

ビジネス・セカンドオピニオン

ビジネス・セカンドオピニオンのご提供内容詳細

この他、不動産、投資評価、海外進出など
専門家に聞いてみたいと思うことあればご連絡ください。
大企業から中小企業まで幅広く応対します。

ビジネスパートナー募集中

  • 一緒に「ビジネス・セカンドオピニオン」のノウハウを蓄積できる方
  • 「ビジネス・セカンドオピニオン」を受けたい会社を紹介していただける方
  • 「ビジネス・セカンドオピニオン」を一緒に実現していただけれる方

弁護士、監査法人、金融機関、大学教員、コンサルタント、等々
ご一緒に「ビジネス・セカンドオピニオン」を活動していける方を幅広く募集しています。

お問い合わせ・相談は無料です。

全国どこでも対応します。

HBSへの問合わせ